最近話題の売買方法

車を高く売るコツ

まず車を売るときに、「売る方法」と「下取りする方法」があると思います。
その違いは、売った後にありました。
売る場合は、売った後特に車を買っても買わなくてもいいのですが。下取りは次に買う車の頭金に変身してしまいます。
つまり、売った場所と同じ場所で車を買わなければならないというわけですね。

そして、高く売れる車としては走行距離が短く人気な車種や色、傷が少ないなどの状態がいいものがいいでしょう。
自分のできる範囲で車をきれいにしたり、傷を消しておくと高く売れるかもしれません。
走行距離は3キロ・5キロ・10キロを目安に価格に影響しているようです。
上記キロ数を超える前に売ってしまうのも、一つの目安として活用してください。
また時期としては、車を買う人が多い1月~3月と9月~10月が高く売れるチャンスです。

どこで売ればいいのか

車を売る先としては、ディーラー・車の買い取り業者・中古車販売店・オークションなど様々です。
まず、ディーラーは買取価格があまり見込めないのが現状です。
これはなぜかと言うと、ディーラーは車を売ることがメインだという事と、下取りした車の売り先が自社系列店という限られた範囲でしか売れないからです。
ただ、ディーラーのお店でその後車を買うことが決まっている場合は、車の売買が一気にできるので面倒ではないというメリットもあります。

最近では車の一括査定と言って、一度に色々な業者へ査定依頼ができるサイトもありますが、申し込んだ直後に各業者からの電話がかかってきて対応が大変だというデメリットもあります。
オークションは代行してくれる業者が、最近では話題となっています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top